ロレックスF1 – フォーミュラ・ワン異なる競技場

全世界のリードする派手な腕時計としてブランドとスポーツを製造して領域内の前衛を賛助して、ロレックスは2013年からF1 – フォーミュラ・ワンと(Formula 1を宣言しますか? )重要なパートナー結んで、その政府サイクルコンピュータと政府時計ブランドになります。今回協力で再度ロレックス強化するのレース、およびに対して全世界最高な水準スポーツ試合支持に対して。

ロレックスのトップクラスレースとは新しく協力で2つの領域内巨頭集まって手を携えて、双方が各自領域にすべて持って絶えず業績求める、精密で正確だ、と革新する熱意。今回協力もロレックス戦略方策の一部分で、ロレックスいっそう厳格に選抜してプロジェクト賛助するでしょう、重点が支持あれらの代表性に引き続き置いてしかも巨大な全世界影響力試合持ち賛助する。

絶えず技術の極限を突破します

ロレックスの全世界最高経営責任者GianRiccardoMarini先生表します:ロレックスにとって、今回は協力で人心奮い立たせる1歩に踏み出したと言うことができて、F1 – フォーミュラ・ワンとロレックス協力ですべて偉大な協力ように良縁、言えます

ロレックスは大会政府の時間単位計算と政府時計のブランドとして、ロレックスF1 – フォーミュラ・ワン異なる競技場ため時間単位計算サービスに提供します。同時に、ロレックス標識もそれぞれの競争路で上でいくつか曲がり角が現れるのとを。ロレックスと試合する完璧な融合は未来のシーズン中で次第にっきりと現れます。

レースに対する激情、長い間がたつはますます新しいです

ロレックスにとって、いっしょにF1 – フォーミュラ・ワンはブランドとレース長い間緊密な連絡に源発します。ロレックスブランド1930年代から競技場上の数名有名な運転手ととけない縁下へ結んで、そ中マルコムを含みますか?キャンベル勲爵位(SirMalcolmCampbell)、彼が1935年に運転して世界陸上のもっとも速いスピード記録保持者“ブルーバード“そ時(Bluebird)毎時間の300マイル(483キロメートル/時間)の記録打ち破りました。、マルコム勲爵位はロレックスのカキ式時計完成をつけているのが正に回壮挙であるです。

https://www.honda.co.jp/F1/

http://www.jpgreat7.com/rolex/

https://www.jackroad.co.jp/shop/r/rjrxu/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です