全く新しいパネライ1950は時間単位計算

全く新しい1950は時間単位計算の時計に帰って設計上でパネライの風格を伝承しただけではなを飛んで、そし流行スポーツ元素を結び付けて、だからモデルを表して見たところないそんなに古いです。とても広いダイビング回転する外側コース上で目盛りは少し丸いで表して、そして15、30、453位置で表示して数字を付けて、読込みに都合よくて、しかも復古するが特別です。前で15分は依然として伝統の精密な目盛りを維持していて、条を立てて表示します。かつ2モデル時計のダイビング外側コースの材質が少し異なって、1モデルチタン金属、もう一つモデルために黒色陶磁器小屋ため。

実は盤面の直径がそんなに大きいを見ないで、パネライ時間単位計算時計文字盤に帰るそして非常に巨大ですとは限らなくて、もっと多い空間はそれ分厚くて、たくましい表す殻に占められました。

2モデル時計の盤面はほぼ同じで、すべて黒色の盤面、寛大な時分針、青い時間単位計算秒針と少し丸い目盛りと数字です。異なるはチタン金属が小屋の盤面を表して期日表示があで、12時間時間単位計算がありません;もう一つ黒色陶磁器が小屋の盤面を表すが相反します。2種類異なる機能、異なる需要を満足させて、とても良いです。しかし簡潔な角度から言って、私はチタン金属が小屋盤面の右側それを表して白を残す方が好きです。

2モデル時計はすべて飛んで時間単位の計算機能に帰りを備えて、これは一つの楽しみを愛玩する高で、難度高い機能を作って、だから通常は価格は低くありません。パネライ1950は飛んで設計上で比較的特別なため時間単位計算腕時計に帰って、時間単位計算秒針と分針だけではないがと中軸上で、しかも垂直の別れと出会いにガイドポストの順番に当たる高級な組合せを持ちます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です