時計製造は芸術的創造のようなもであり

有名な時計は多くの人々強い願望と追求の対象となっており、卓谷の並外れたクラシックな時計ファッション精神を継承し続け、永遠の栄光のモデルとなるでしょう。時計の古典的な美しさは、見た目ではなく、細部にまでこだわった時間と、研ぎ澄まされた後に咲く光にあります。

私たちが時計を説明するとき、通常頭に浮かぶ形容詞は「正確さ」と「厳密さ」です。ただし、時計は純粋にテクノロジー指向ではありません。

タイミング、美学、芸術、文化、その他多くの要素を統合した包括的な製品であり、ブランド力に対する非常に高い要件があります。

時計製造は芸術的創造のようなもであり

絶えず自分を超えるには、並外れた才能と勇気と忍耐力が必要です。

テクノロジーないアートはそれに到達することはできません、そしてアートのないテクノロジーは魂のない死んだものです。 2012年、国内外の時計愛好家のグループが、独立した時計ブランドであるBehrens時計ブランド調査と構築に着手しました。

ブランドイメージを伝えるために、創設者はドイツにインスピレーションを見出しました。建築家兼デザイナーのペーターベーレンスは

19世紀の終わりから始まりにかけてドイツ文化的トレンドの変革において最も重要なモダニストデザイナーとして認められました。 20世紀。何年にもわたる開発の後、ベーレンスは常に芸術と職人技を組み合わせて古典的な傑作を実現することに取り組んできました。

有名な巨匠コンセプトと精度の追求により、ベーレンス時計ブランドは、市場で世界を勝ち取るためには、製品に努力するだけでなく、ブランド構築を行う必要があると考えています。事実は確かに予想通りであり、このブランディング手法の効果は今日でも大きな影響力を維持しています。

「時計は計時機であるだけでなく、機械的なアートワークでもあります。」

Behrensは、研磨品質と継続的な革新にさらに重点を置いています。特に、ベーレンス時計は国際的なファッショントレンドに積極的に注目し、そこから学び、国内の消費者美学に合ったユニークなデザインや素材を紹介していることは特筆に値します。ベーレンスはムーブメントの独立した研究開発を主張し、独自プロセス時計製造システムを持っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください