今回のカルティエはSantosdeCartier全く新しいデザインをアップグレードに行って

Santos deCartier時計は率直に書くとについて伝奇を書いています。工学は20世紀初めに時代山開きをしたのが行ったとして、カルティエ時計その独自風格を備えた美学設計と大幅な機能で、近代的な風格標識のになって行います。

今回のカルティエはSantosdeCartier全く新しいデザインをアップグレードに行って、クラシック設計を保留して、そ上で、チップを革新しますたとえばベゼル、ブレスレットおよび。ブレスレットの革新こ輝点中一つで、カルティエ腕時計コピーのバンドを採用して急速にシステムQuickSwitcに交替するためですh。

これはケースと2が合して1となったのが機関を隠すで、つける者に思うままに精密な鋼、18K金各種異なる材質時計バンドあるいはブレスレットに交替することができて、自分の好きな風格をよく合いだして、締めて潮流に従います。

その他に、カルティエまた金属ブレスレット制御装置SmartLinkを採用して、道具に助けを借りる必要はなくて、とても手っ取り早く金属ブレスレットの長さを調節します。カルティエコピーの今回こ2つ技術友達にとても大きい便宜性を提供しました。

カルティエ全く新しいデザインはパリ建物の中から参考にする四角形直線を保留してと、紋切り型円形設計を打ち破りました。

それの現れた四角形造型が呼応して20世紀初めパリ美学順次伝えたがつりあいが精致でと、だから敬意ブランドコピーしに来ますエッフェル塔方正の四角設計。

ベゼルは心がこもっている通って改めて設計して、ブレスレットとの接続は更になめらかで調和がとれています。

きめ細かくて細長い線はブランドスーパーコピー時計腕時計に時代の特徴と活力を更に備えさせます。

ベゼル上で依然として8本すばらしいねじを保留して、実用性以外、パリ都市建てる黄金時期にどこにもいなくない機械的な鉄骨構造をも紀念して、最もハーフバックを現すのがと大胆です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください